長寿の御祝

還暦・喜寿・卒寿

​米寿・傘寿・百寿

還暦(かんれき)数え年の61才(満60才)

陰陽五行説で十二支と十支の組み合わせが60年で一回りして元の干支に戻ることから「暦が還る」という意味で還暦と呼ばれています

この年齢に達すると、一族が集まって「生まれ直すこと」を祝い、赤ちゃんの時に着ていた様な赤い頭巾、ちゃんちゃんこ、座布団を贈って、無病息災を祝福します。

※赤は生命の象徴としての太陽の色で、魔除け・厄除けの色とされています。

 

古希(こき)70才

中国の詩人杜甫の「人生七十年古来稀なり」という詩に由来しています。
人生50年と言われていた昔は70才まで生きることは稀だったのでしょう。

還暦は家族で祝うことが多いのですが、古希は親しい方達を招いて盛大にお祝いされるケースが多いようです。色は紫です。

 

喜寿(きじゅ)77才

「喜」の字の草書体が七十七と読めることに由来しています。

色は古希と同じく紫です。

 

傘寿(さんじゅ)80才

「傘」の略字が八十に似ているところからつけられました。

昔は、白砂糖で作った太白餅を配る習慣があったそうです。

色は黄(金茶)です。

 

半寿(はんじゅ)81才

八十一を組み合わせると「半」になるところからつけられました。
将棋盤がの目が八十一あることから「盤寿」ともいわれています。

色は傘寿と同じく黄(金茶)です。

 

米寿(べいじゅ)88才

「米」の字を分解すると八十八になることからきています。
末広がりの八が重なることでめでたいということもあり、お祝いするようになりました。「米年」「こめの字の祝」「よねの祝」などともいいます。

色は黄(金茶)です。

 

卒寿(そつじゅ)90才

「卒」という字の略字の「卆」を分けると九十と読めることからきています。

色は白です。

 

白寿(はくじゅ)99才

白の字に一を加えると百になることから、あと一歳で百歳になるという意味。

色は白です。

 

上寿(じょうじゅ)100才

数え年100才のお祝い。
もともと上寿は寿命の長いことをさします。
長寿を3段階の上・中・下に分けたうちの最も上位。
※下寿(60才)、中寿(80才)
※「百賀の祝い」ともいいます。

100才以上は毎年お祝いします。